早期妊娠検査薬の反応

早期妊娠検査薬は海外製のドクターズチョイス妊娠検査薬を通販で購入がおすすめ

早期妊娠検査薬はどうして早く反応する?

早期妊娠検査薬は、語頭に「早期」とつくだけあって、普通の妊娠検査薬よりも1週間程早く使用することができるそうですね。妊娠の有無を早く知りたい女性にとっては、この1週間、かなり大きいと思います。

しかし、なぜ1週間も早く、早期妊娠検査薬は反応することができるのでしょうか?個人的には、何か特別な薬を使っているのでは、と予想していたのですが、実際は感度が違うだけでした。

なんでも、普通の妊娠検査薬だと、妊娠した際に分泌されるhCGホルモンが50mlU/ml以上になった時点で反応するように作られている一方(ここまでhCGホルモンが増えて、生理開始予定日から7日後までそのままなら、妊娠は確実だそうです)、早期妊娠検査薬だと25mIU/mLから陽性反応を示すことができるのだとか。

つまり機能性の面において、早期妊娠検査薬の方が優れている、ということになるんですね。となると、早期妊娠検査薬はお値段の方も高いような気がしますけど、実際は全然そんなことはなく、アラスクの「チェックワンデジタル」に限れば3回分で2,800円と、普通の妊娠検査薬と変わりませんでした。

これで妊娠しているかどうかを、性交渉から単純計算して2週間待つだけで知ることができるなんて、かなりお得ですね。私も将来、妊娠を真剣に考えた際は、お世話になってみたいです。

HOMEへ戻る